女泥棒とキャットスーツ

 前回の『あの胸にもういちど』でマリアンヌ・フェイスフルが演じたレベッカは、一時期「峰不二子のモデル」と言われていましたが、原作の漫画が描かれた年(1967年)等から現在ではその事は否定されているようです。
 確かにこの二人に共通しているのは「ライダースーツを着てオートバイに乗る女」というヴィジュアルのみで、キャラクターは正反対と言ってもいいほど異なります。

 その他に峰不二子のモデルとしてよく挙げられるのは、1965年のイタリア映画『黄金の七人』("Sette uomini d'oro")に登場するジョルジアというヒロインです。色気を武器にして男を手玉に取り利用する悪女ぶりも共通していますし、ビジュアル的にも類似点があります。

 ロッサナ・ポデスタが演じたジョルジアは「キャットスーツを着た女泥棒(または女スパイ)」という映画における一つのアイコンを定着させたヒロインと言えるでしょう。峰不二子のライダースーツもその類型の一つと言えるかもしれません。

 第一作の『黄金の七人』で彼女が着ていたのは柄物の全身タイツで、まだアイコンとして完成される前段階といったところでしょうか。
 ジョルジアが黒いキャットスーツ姿で現れるのは第二作の『続・黄金の七人/レインボー作戦』(1966年)で、この映画は泥棒の腕を買われたジョルジアと7人の男達が某国の諜報機関に雇われて要人の誘拐に駆り出されるというストーリーで、スパイ映画の色彩が濃くなっています。  泥棒にせよスパイにせよ映画の中で「潜入して何かを盗み出す」女達は、これ以降たびたびキャットスーツ姿で画面に登場する事になります。

 彼女たちが着るキャットスーツは、やれ「動きやすい」だの「夜陰に紛れる」だのという理由をどれだけつけられようと、色濃く漂う「ボンデージ」の香りを隠しようもありません。
 そもそも彼女達が泥棒やスパイである事も、潜在的に「潜入に失敗し拘束されるリスク」を抱えている事を強く感じさせます。彼女達が放つエロティシズムの正体は、単に身体のラインがはっきり分かるという外見だけではなく、明らかにボンデージに関係しています。

 実際、AV等まで含めると、これまでに一体どれだけの女泥棒や女スパイ達がキャットスーツ姿で潜入を試み、失敗して捕らえられ、拘束されてきたことでしょう。
 本来ならば捕縛する側が彼女達に無理やり着せるべく用意していてもおかしくないキャットスーツを、彼女達自ら進んで着て来るのですから、用意が良いにも程があります。もはや拘束される事をあらかじめ想定しているとしか考えられません。

 そう考えると、男を手玉に取り利用する、一見サディスティックな悪女に見える峰不二子が、稀代のマゾヒストであるレベッカと関連付けられていたのも、案外間違いではなかったような気もしてきます。

(2014/09/12)

[PR]【黄金の七人 [HDニューマスター版]】(ブルーレイディスク)
[PR]【黄金の七人】-DVDレンタル
[PR]【続・黄金の七人/レインボー作戦[HDニューマスター版]】(ブルーレイディスク)
[PR]【続・黄金の七人/レインボー作戦】-DVDレンタル

「あの胸にもういちど」

 前回書いた『クラッシュ』について考えるとき、いつも思い出す一本の映画があります。それがこの1968年の英仏合作映画『あの胸にもういちど』("The Girl On A Motorcycle"/"La Motocyclette")です。
 なぜか私の中ではこの二本の映画はすっかり関連づけられてしまっていて、一方を思い出すともう一方を連想する、そんな関係にあります。

 すでに多くの人達によって散々語られてきた映画なので、今更とも思いましたが、書くとしたら『クラッシュ』に絡ませられる今しかないかなと思い、書いておくことにします。

 簡単に言いますと、まじめな教師と結婚したばかりのヒロインが、以前から不倫関係にある大学教授から送られたオートバイに乗って彼の元へ向かう、というだけの話です。
 ヒロインのレベッカは結婚前からすでにこの教授によって様々な性的快楽を教え込まれていて、旅の途中でその過去の経験を回想していく、という構成になっています。
 今観るとさすがに古さを感じるし、また欠点もある映画で、レベッカの独白が続く場面等は少々退屈でもあります。

 しかし、この映画の価値は、マリアンヌ・フェイスフル演じるレベッカがライダースーツを着てオートバイで疾走する姿そのものにあり、それだけで存在意義があると強く感じます。
 マンディアルグの原作小説("La Motocyclette"/邦題『オートバイ』)では、レベッカが革のライダースーツを着る場面は2ページに渡って執拗に細かく描写されており、彼女の行為が「ボンデージ」である事を濃厚に匂わせています。そしてその匂いはこの映画にもしっかり受け継がれています。

 不倫相手の教授とレベッカとは「支配と服従」の関係にあり、教授はそれを踏まえたうえで彼女にオートバイを贈り、彼女が夫を裏切って自分の元へ来るよう仕向けます。これは彼女の結婚生活を破壊し人生そのものを奪い去ろうとする強烈なサディズムであり、その道具であるオートバイはヒロインを縛りつけ支配する為の「拘束具」の意味を帯びています。
 裸体を革のライダースーツで覆われオートバイという拘束具に囚われたレベッカは、その拘束がもたらす愉悦の中で、破滅に向かってひた走っていきます。

 私にとってこの映画と対になっているもうひとつの映画『クラッシュ』には、ギプスともサポーターともつかない奇妙な器具で下半身を支えられ、腰にコルセットを嵌めた痛ましくもエロティックなガブリエルという女が登場します。彼女の太腿には凄まじい傷跡が刻まれていますが、その経緯も含め彼女の過去については最後までほとんど何も語られません。かえってそのせいか、ロザンナ・アークエットが演じたこのガブリエルには『クラッシュ』の影のヒロインとさえ呼べるような異様な存在感が漂っています。

 そして私には、このガブリエルが、レベッカと同じような壮絶な出来事を経験し、そこから生き延びた「もう一人のレベッカ」のように思えてならないのです。

(2014/08/31)

[PR]【あの胸にもういちど HDニューマスター版】 (DVD)
[PR]【あの胸にもういちど HDニューマスター版】 (ブルーレイディスク)
[PR]【あの胸にもういちど】 - DVDレンタル

「クラッシュ」

 前回、『甘い鞭』について「危うくも稀有な作品」と書きましたが、それで思い出した一本の映画があります。それが1996年のデビッド・クローネンバーグ監督作品『クラッシュ』です。
 以前書いた『セクレタリー』でヒロインの雇い主を演じたジェームズ・スペイダーが主演しています。

 性生活で満足を得られない一組の夫婦が、色々な事を試すのですが結果を得られず苦悩と諦めの混ざり合った倦怠の中にいました。
 ある日、主人公である夫は運転していた車の事故をきっかけに、死亡した相手の運転者の妻と知り合います。やがてこの二人は病院で出会ったヴォーンという男が主催する「衝突事故再現ショー」を見学する事になり、「衝突事故マニア」達と関わりを持つようになっていきます。
 彼らは車の衝突に性的快楽を覚える人々で、やがて主人公も彼らに感化され、この逸脱した性の世界に入り込んでいきます。

 SF作家J・G・バラードが1973年に発表した原作では、主人公とヴォーンの関係に主眼が置かれ、テクノロジーとセックスの関係が主題になっていますが、クローネンバーグの映画『クラッシュ』では主人公とその妻の関係に主眼が置かれ、このあまりにも破滅的な「性的嗜好」を二人は共有できるのか? という問いが物語の軸になっています。

 この映画での「衝突事故マニア」達の世界は「苦痛や自傷を伴う性的嗜好」の隠喩とも受け取れ、BDSM的な香りを濃厚に放っています。

 危険な題材を扱い、異様なフェティシズムに満ちていて、セックスシーンが連続する過激な内容ですが、この映画には奇妙な静けさが漂っています。
 それは衝突事故の場面ですら同じで、派手な演出は一切排除され、まるでドライブレコーダーの映像のように淡々と撮られています。
 カークラッシュは映画においては大きな見せ場のはずで、派手な演出や編集が施される典型的な場面でしょう。しかしこの映画でのカークラッシュはセックスと同じ「秘め事」であり、他のセックスシーンと同様、静かな視線で淡々と撮られています。
 そしてその静けさが、主人公とその妻が辿りついたラストシーンの美しさを生み出しているように思います。

 公開当時から非常に冷遇されてきた映画で、日本で公開された時も「R-18」の指定を受け、上映館も少なかったようです。
 DVDも残念な事に現在は廃盤になっているようですが、中古盤が今のところまだ入手可能です。
「クラッシュ クローネンバーグ」で検索するとamazon等の販売ページがヒットします。

(2014/08/11)